職場での軽々しい発言に要注意

職場で不満を感じる大きな要因として、人間関係の問題があります。職場の人間関係に問題があると、本来の仕事をこなす能力を発揮するための妨げにもなりかねません。そのため働きやすい職場で仕事の能力を発揮するには、人間関係の問題を解消する必要が出てきます。

医療施設の中で、看護師が人間関係で問題を抱える場所の一つに、ナースステーションがあります。ナースステーション内では看護師たちが待機し、次の仕事や緊急時の対応に備えての準備を行っています。またナースステーション内では看護の仕事に関する情報交換や、あるいは息抜きのおしゃべりも頻繁に交わされていて、女性看護師にとってのストレス発散の場所にもなります。
しかしこのナースステーションでの会話で口が災いを呼び、人間関係が悪化することも世の中では珍しくありません。働きやすい職場環境を維持するためには、発言には十分な注意を要します。不用意な他人への批判は不評を呼び、人間関係の悪化を招く恐れがあります。看護師の仕事が終わった後、つい気が緩んで人を不快にさせる発言をしてしまうかもしれません。そうならないためには、普段から人の噂を立てないような習慣を身に付ける事が大切です。

ナースステーションに限らず、普段から発言には細心の注意を払い注意している人は、簡単には不用意に人を不快にさせるような言葉を口にはしません。女性同士でつい話が弾んで問題を引き起こさないよう、言葉の使い方には注意をしておいた方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です